歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

予防歯科

予防歯科って何?

「歯が痛くないのに歯医者に行くの?」と思うかもしれませんが、
歯医者はむし歯を治療するのみではありません!

予防歯科とは、虫歯や歯周病など、お口のトラブルが発生する前に
原因を作らないよう、歯のメインテナンス(定期健診)に通院して
もらうシステムです。

日常のお手入れとメインテナンスを受けていただくことが、
一番のむし歯予防になり、健康な歯を維持していく事に繋がるのです。

予防歯科

右の写真は歯の一番外側のエナメル質の一部が溶けて白く濁った状態になっています。いわゆる初期虫歯と呼ばれるものです。

この段階であれば、適切なブラッシングを行い、虫歯になりにくい食生活を心がける事で虫歯の進行をストップし、健康な歯に保つ事が可能です。

川井歯科では虫歯を進行させない・作らない為、患者様それぞれに合ったブラッシング法や食事指導の提案をし患者様と一緒に予防に取り組んでいます。

う蝕(むし歯)予防

う蝕(むし歯)予防

むし歯は、3つの要素が重なった時に発生すると言われており、
それぞれに合わせた予防をしていく事が大切です。

細菌
プラーク(歯垢)を除去する、ためない
歯の質
むし歯になりにくい強い歯をつくる
糖質
食生活の改善

   ご自宅での予防方法 歯科医院での予防方法
細菌 ・丁寧なブラッシング
・デンタルフロスや歯間ブラシの使用
・歯石除去
・PMTC
・歯みがき指導
歯の質 ・フッ素配合歯磨き粉
・洗口剤
・フッ素塗布
・シーラント
糖質 ・規則正しい食生活
・むし歯菌の栄養素である砂糖を摂り過ぎない
・保健指導

どうしても、大人子どもに関係なく歯ブラシの届きにくいところには歯垢が残ってしまったり、
表面の着色を完全に除去する事はご自宅でできる予防方法だけでは難しいです。
そこで、定期的に歯科医院で定期健診の受診や予防方法を行い、ご自宅と歯科医院でケアをしながら
一緒に歯の健康を守っていきましょう。

メインテナンス(定期健診)

メインテナンス(定期健診)

歯科医院でお口のリスクを定期的に「検査・管理・予防」することで
早期発見に繋がり、治療終了後の病気の再発を予防していくことが
できます。
当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメインテナンスを推奨しており、
リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が
少なくなるように進めていきます。
また、半個室の「ケアルーム」とよばれる部屋でリラックスして
定期健診を受けて頂けるようにしております。

PMTC

PMTC

PMTCとは、専用の機械と特殊ペーストを用いて専門家(歯科医師・歯科衛生士)だけが行う事のできる徹底したお口の清掃の事です。
毎日、丁寧に歯磨きをしていても取りきれない歯石や歯の汚れ(表面の着色やヤニなど)を除去することで、むし歯予防や歯周病の改善を促します。是非PMTC後の歯のツルツル感や、光沢のあるきれいな歯を実感してみて下さい。
なお、痛みはほとんどありません。

フッ素塗布・シーラント

フッ素塗布

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯の表面に塗布することでエナメル質を守り、強い歯を作ることができるので、大切な歯の健康を維持することができます。 また、むし歯菌の繁殖を抑える事ができるので虫歯予防に効果があります。
特に効果を発揮するのは乳歯・永久歯に関わらず、生えて間もない歯です。生えたばかりの歯は表面がやわらかく、固くなるまで1年はかかるため、その期間中に虫歯になりやすいのです。
効果を継続させるためにも、年3~4回の塗布をお勧めしています。

シーラント

シーラント

歯ブラシでは届きにくく、むし歯になりやすい奥歯の溝をレジン(プラスチック)で埋める方法です。 複雑な溝を埋めることで磨き残しも少なくなるだけでなく、レジンには少しずつフッ素を放出する「フッ素除放性」のあるフッ素を使用しますので、歯が強くなる効果などもあります。
生えて間もない6歳前後に生える奥歯の永久歯(六歳臼歯)は虫歯になりやすいので、特に効果的です。
ただ、食べ物を強く噛んだり、歯ぎしりなどで奥歯への負担が大きいとシーラントが取れてしまう事もありますので、年2~3回程度、定期健診と併せて来院されることをお勧めします。