歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

小児歯科

当医院の考える小児歯科とは

① 正常な顎の発育をめざす

小児歯科

健康な生活を送るためには、しっかり自分の歯で噛むという事がとても重要です。そのためには正常な歯・顎の発達が不可欠です。

小さい頃からよく噛んで食べる習慣を身につける事で正常な顎の成長やキレイな歯並びを実現できるように導きます。

また、遺伝的な影響(出っ歯やうけ口)がある場合は早期に矯正治療を行う事もあります。

② 口腔衛生の自立

柔軟性の高い子どもの頃から適切なブラッシングを習う事で比較的容易にブラッシング技術を習得することができ、虫歯知らず(カリエスフリー)で一生涯健康に過ごすことができます。

つまりは『自分の歯は自分で守る』その術を身につけていただければ生活の質の向上に繋がると私どもは考えております。

フッ素塗布で歯全体の虫歯予防

小児歯科

高濃度のフッ素を歯の表面に塗布することでエナメル質を守り、強い歯を作ることができるので、大切な歯の健康を維持し、むし歯菌の繁殖を抑える事ができます。

特に生えたばかりの歯は表面がやわらかく、固くなるまで1年はかかります。その期間中に虫歯になりやすいため、小さなお子様の歯や初期むし歯に効果的です。

効果を継続させるためにも、年3~4回の塗布をお勧めしています。

シーラントで奥歯の虫歯予防

小児歯科

歯ブラシでは届きにくく、むし歯になりやすい奥歯の溝をレジン(プラスチック)で埋める方法です。

複雑な溝を埋めることで磨き残しも少なくなるだけでなく、レジンには少しずつフッ素を放出する「フッ素除放性」のあるフッ素を使用しますので、歯が強くなる効果などもあります。

生えて間もない6歳前後に生える奥歯の永久歯(六歳臼歯)は虫歯になりやすいので、特に効果的です。

ただ、食べ物を強く噛んだり、歯ぎしりなどで奥歯への負担が大きいとシーラントが取れてしまう事もありますので、年2~3回程度、定期健診と併せて来院されることをお勧めします。

当院の取り組み

スマイル写真

当院では、歯医者が苦手・嫌いなお子様が楽しく歯医者に通えるよう、さまざまな工夫をしています。

そのひとつとして、治療を終えたお子様や定期健診に来られたお子様の写真を撮影させて頂き、待合室に展示しています。