歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

歯周病治療

歯周病とは

~歯周病は沈黙の病気~

日本人の歯の喪失原因

現在、成人が歯を失う原因の大半で、日本の35歳以上の8割がかかっているのが歯周病(歯肉と歯を支える歯槽骨の病気)です。
日々のブラッシングや生活環境に大きく影響を受けるので、生活習慣病の一つとされています。

右の図は日本人の歯を失う原因を表しています。
多くの方が歯周病が原因で歯を失っている事がお分かりいただけると思います。

歯周病に罹ってしまうと、虫歯のない健康な歯であっても、歯も支える周囲の組織が破壊されてしまうため、ご自分の歯を長持ちさせることが出来ません。

『いつまでも自分の歯で美味しいものを食べられる幸せな人生』を送るためにも、 歯周病の予防・治療は大切なのです。

歯周病治療とは

歯周病は感染症であると同時に、生活習慣病であります。ですから、炎症の強い時には抗菌剤の使用も効果的ですが、歯周病の治療は患者様の協力がなければ治癒に向かいません。

歯周病の原因から考えると、治癒や再発の防止を防ぐ確実な方法は、以下の二点です。

規則正しい生活と食生活の改善

食生活の改善が不充分な場合、それを補う歯磨きの徹底・歯科医院でのプロケア

当医院での歯周病治療

歯周病の進行度の検査

歯周ポケット検査

  • 歯周ポケット検査
  • 動揺度の検査
  • 口腔内写真撮影
  • エックス線検査

歯周病治療1…ブラッシング指導(プラークコントロール)

日本人のほとんどの方が毎日ブラッシングをしていますが、自己流ですと磨き残しが沢山あるのが現状です。まず初めに歯の表面に付着している汚れ(歯垢=プラーク)を染め出して確認し、病状にあった磨き方を専門的に歯科衛生士からご説明いたします。プラークを溜めない適切な歯みがきができるようになる事で歯周病によって腫れた歯ぐきが改善されます。
歯周病の治療には自分で自分の歯の歯垢を落とせるようになっていただくこと(プラークコントロールの確立)が何よりも大切だと当医院は考えます。

before → after

歯周病治療2…歯石の除去

的確に歯ブラシが届きやすいように歯ぐきより上に付着している歯石を専門の器具(スケーラーなど)で除去します。その後、歯茎の炎症の改善状態を確認し、歯ぐきより下にあり歯周ポケットの中に付着している汚れも同様に取り除きます。

再評価

再検査を行ない歯周病の改善度を調べます。

定期健診

治療後の良い状態を維持する為に定期的な検査・毎日のセルフケア・歯科医院で受けるプロフェッショナルケアの3つが重要になります。

歯周病かどうかのセルフチェック

歯周病の可能性がある症状を一部ご紹介します。
一つでも当てはまった場合は、まずご相談下さい。

■ 歯茎が赤く腫れていて、歯磨きをすると出血する
■ 口の中がネバネバしているような気がする
■ 最近、歯が長くなったように感じる
■ グラグラしている歯がある
■ 口臭が強い気がする