歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

無痛治療

無痛治療って何?

無痛治療って何?

皆さんは歯医者さんにどのようなイメージを持っていますか?
年齢に関係なく、「怖い」「行かなきゃいけないけど行きたくない」、
そして「痛い」イメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
また、神経を抜く際に、歯科医院では麻酔をしますが、その麻酔が痛かったという患者様の声を多く聞きます。

当院では、そういった歯医者のイメージを出来る限り失くし、
また、麻酔時の痛みも感じさせないようにすることで、患者様に
安心して通院していただくために無痛治療を行っています。

無痛治療はどんな人にオススメ?

  • 歯科治療への不安、恐怖感が強い方
  • 少しの痛みにも不安がある方
  • 怖くて歯医者に行けないとお悩みの方

当院の無痛治療の取り組み

川井歯科では、受診される患者様の負担を少しでも軽くするための無痛治療対策としての麻酔は
大切と考えています。その麻酔処置が「痛い・怖い」と感じられる患者様も多くいらっしゃいます。

そのため、当院では在籍ドクターは常に勉強会などで研鑽し、以下の方法で麻酔時の痛みすら
感じさせない努力を行っております。

1. 施術部位に表面麻酔剤を使用する

「注射自体の痛み」を感じない様に、表面麻酔を行います。塗るだけなので、全く痛みはありません。

2. 注射針はプッツンとならないよう、すべりこませるように入れる

3. 声をかけて麻酔針を刺すタイミングを伝える

いつ刺すのかと不安になっている所へ突然チクッと刺さるのはとても嫌なものです。
ですから、当院では声をかけてそのタイミングをお知らせします。
(お子様の場合は、注射する事を教えず知らない間に麻酔をかける時もあります。)

4. 薬液をゆっくり時間をかけて注入する

「麻酔が痛い」と感じる原因の一つに、「麻酔の入ってくる時が痛い」事があります。
麻酔液を一気に入れると圧がかかってしまい、押されるような痛みが出てしまうからです。
少しでも痛みを感じた際には合図してもらい、もっと時間をかけていきます。

5. 必要に応じて電動麻酔を使用する

電動麻酔

電動の麻酔注射器は、とても細い針を使用しているため、刺したときの痛みを非常に抑えることができます。また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入することができます。

親知らずの治療について

近年、現代人の顎が細くなったことから、約8割の方が親知らずの生えるスペースがないと言われています。親知らずの歯が真っ直ぐに生えない事で、痛みが生じたり、隣接する歯に悪い影響を及ぼす事があります。当院ではご相談・ご質問など一度お話いただき、皆様の歯の健康のために一番良い治療方法をご説明した上で、最適な治療を行っていきます。

むし歯の治療について

むし歯の治療

当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かない方針を採っています。既にできてしまったむし歯に関しては痛みを最小限に抑え、なるべく抜かない治療を行います。日常のお手入れと定期検診を受けていただくことが、一番のむし歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持っていただくことが大事だと考えております。

レーザー治療について

レーザー治療

川井歯科では、従来の治療に比べて痛みが少なく、治りが早い炭酸ガスレーザー「オペレーザーPro」を導入しています。レーザー治療は、患者さんにとって「歯医者が苦手・怖い」原因の一つである治療時の機械音や振動が少ないため、ストレスの少ない治療を受けていただけます。

レーザーで可能な治療内容

  • 歯周病治療、知覚過敏
  • 口内炎や口角炎、入れ歯による傷の治療
  • 歯茎のメラニン除去
  • 切開、抜歯時の止血・殺菌

また、人体への安全性は十分に確立されており、持病(高血圧、心臓疾患、内科的疾患など)のある方や妊婦さんも安全に治療を受けていただけますのでご安心下さい。