歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

矯正歯科

当院が考える矯正歯科

矯正歯科

「歯並びが気になって思いっきり笑えない」
「歯を見られたくなくて口を大きく開けて話せない」

近年、このような悩みをお持ちの方が増加しています。
川井歯科では、不正咬合(八重歯や出っ歯など、悪い歯並び)の状態から正しいかみ合わせへ歯を誘導させることで、歯だけでなく全身の健康に繋がり、さらに美しい口元になることで自信に満ちた明るい笑顔が生まれ、
歯科の分野から皆様の全身の健康を、そしてコンプレックス解消のお手伝いを
していきたいと考えています。

不正咬合は放置するとどんどん悪くなります。
年齢にあわせた矯正治療を行っておりますので、是非一度ご相談ください。

不正咬合が引き起こす問題とは

不正咬合は、歯だけでなく不正咬合は骨格の歪みにも影響すると言われ、全身の健康にも
大きく関わってくるのです。以下は一例です。

  • 十分に歯磨きができないので、むし歯や歯周病、口臭の原因になりやすい
  • 上下の歯のかみ合わせが狂っていることが原因で、頭痛や肩こりになりやすい
  • 発音が不明瞭になり、話す事に自信がなくなってしまう時もある
  • 歯並びがコンプレックスの原因になり、思いっきり笑う事を我慢してしまう
  • 食べ物を良く噛めないことで、胃腸に大きな負担がかかってしまう

不正咬合の種類

乱ぐい歯(叢生)

歯の大きさに対して顎の骨が小さく、歯がきちんと並ぶ隙間が不足してでこぼこに並んでいます。

出っ歯(上顎前突)

かみ合わせた時に、上の前歯が下の前歯よりも6mm以上前に出ている場合をいいます。

受け口(下顎前突)

かみ合わせた時に、下の前歯が上の前歯より前に出ています。

開咬

顎を閉じる途中で奥歯が先にあたってしまって、上下の前歯がかみ合っていません。

過蓋咬合

上下のかみ合わせの重なりの度合が大きい状態をいい、下の前歯がほとんど見えないほど
深く咬み込んでいる場合もあります。

矯正治療の流れ

1.初診相談

まず一番気になるところはどこか、治療に関する心配や疑問点などについて
お話をうかがいます。
お口の中の状態を調べ、矯正治療全般についてご説明させていただきます。

2.精密検査

理想的な横顔ときれいな歯並び、そして正しいかみ合わせにするために診断に必要な
レントゲン撮影、歯型の採取、問診などを行います。
この結果をもとに、最良の治療計画を立案します。

3.治療計画の説明

検査結果を徹底的に検討し、患者様にあった最善の方法を分かりやすくご説明いたします。
また、大まかな治療期間もこの時にご提示いたします。
費用やお支払い方法などについて、安心して治療を受けていただけるよう、
時間をかけて丁寧にご説明いたしますので、治療を始めるにあたってご不明な点、
不安な点がございましたらご相談ください。

4.治療開始

矯正治療では、歯を動かすこと(動的治療)によってかみ合わせを正しくします。
また、動かした歯が元の位置に戻らないように治療した正しい位置に安定させること
(保定)も必要です。
装置をつけた後の歯磨きの仕方の指導や歯周病予防にも注意していきます。

5.治療期間

歯並びの状態によってまちまちですが、大人の方の場合、動的治療の期間は
約2年でこの期間中は1ヶ月に1~2度通院していただきます。
保定の期間は約2年で、この期間中は3~6ヶ月に一度の通院になります。