歯科 此花区|大阪市此花区の痛くない歯医者なら川井歯科

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、医学用語で「植立する」という意味があり、
失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を
埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント補綴」と
いいます。

インプラントのしくみ

インプラント

インプラントは、

  • インプラント体(フィクスチャー)‥人工歯根、
  • アバットメント‥土台
  • 人工歯

この3つの材料でできています。

歯を失って穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、アバットメントという土台で人工の義歯を固定します。顎の骨にインプラント体をしっかりと固定することにより、しっかりと噛み合わせることができます。

インプラントは、ただ単に骨に埋められているだけではなくインプラントの素材であるチタンが表面を覆っている酸素の膜を通して顎の骨と直接結合します。
チタンは生体組織に良く適合する金属ですので、顎の骨としっかり結合し、
歯肉と密着固定したインプラントは、上部に被せる人工歯をしっかりと固定します。

インプラント周囲炎とは

天然歯が歯周病になるのと同じでインプラントの周囲から炎症が始まり、やがてインプラントを支える骨にまで吸収が起こる病態です。一度インプラント周囲炎を発症すると治癒することは見込めません。
ですから、発症を防止するために毎日の丁寧なブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。

インプラント周囲炎

当院でインプラントが適用される場合

  • 事故などで若くして歯を失った方
  • 総義歯で十分な咀嚼が得られない方

インプラント治療で考えられる患者様のその後

* 患者様がメンテナンスに応じていただけ、インプラント周囲炎もなく生涯を送る

② 患者様がメンテナンスに応じなくなっても、自己管理ができインプラント周囲炎を起こすことがないまま生涯を送る

③ 全身状態に問題がない患者様がメンテナンスに応じなくなり、インプラント周囲炎を起こしていても、自覚症状が出ない状態で過ごす→この場合はインプラント周囲炎の全身への影響を調べる必要がある

④ 全身状態に問題がある患者様がメンテナンスに応じなくなり、インプラント周囲炎を起こしている状態→その時の相互作用または相乗作用について研究される必要がある

⑤ 高齢者あるいは放射線治療などで免疫力の低下が見られた時、インプラント(周囲炎)はどうするのか?どうされるべきなのかを検討する必要がある